Jupyter Notebook の利用法

HEROIC 2021 での Jupyter Notebook の利用方法について,弘大 JupyterHub における「Python 3」の利用を例に説明します。

 

弘大 JupyterHub で Jupyter Notebook

弘大 JupyterHub」(ひろだいじゅぴたーはぶ)サーバの運用を開始しました。以下のリンクをクリックして,Hiroin ID とパスワードでログインします。

弘大 JupyterHub は学内からはもちろん,学外(日本国内に限る)からもログインできます。自宅での学習・研究の際にもご利用いただけます。

ログインすると,以下のような表示になります。これが JupyterHub のホームページです。(表示されるリストは例です。すでにいろいろなファイルを作成していると,それらがここに表示されます。)

新規に「Python 3」の Notebook を作成する場合は,「新規」をクリックして「Python 3」を選択します。

コード「セル」に計算したい式「1 + 2」を入力して,「▶︎ Run」をクリックすると… (ショートカットの「▶︎ Run」の代わりに,Shift キーを押しながら Enter キーを押してもいいです。)

セルの内容が実行され,結果が表示されます。

利用できる Jupyter Kernel

利用可能な Jupyter Kernel は以下の通りです。

Jupyter Notebook の利用例

メニューの「Jupyter Notebook の利用法」にマウスをもってくると,プルダウンメニューとして,以下のようなページがあります。いずれも,Jupyter Notebook で作成したものです。

 

参考:弘大 JupyterHub における「端末」の利用

一旦ログインすれば,以下のように JupyterHub のホームページの「新規」から「端末」を選び…

Web ブラウザのページのなかにできた「端末」画面で,以下のように,伝統的な端末での作業を行うことも可能です。(JupyterHub は Ubuntu です。多少日本語フォントの上が切れていたりしますが,ご了承願います。)

また,macOS の Safari では「端末」へのキーボードからの入力ができないようです(リターンキーのみはできる)。Microsoft Edge や Firefox など,Safari 以外の Web ブラウザをインストールして JupyterHub の「端末」を試してみてください。

 

参考:弘大 JupyterHub におけるテキストエディタの利用

(Jupyter Notebook ではなく)「端末」でテキストファイルを作成したい場合は,vimnano といった伝統的なエディタが利用できますが,以下のように JupyterHub のホームページで「新規」から「テキストファイル」を選ぶと,シンプルなスクリーンエディタが使えます。