弘前の写真募集中!

弘前のお気に入りスポットを教えてください!

11月22日の「絵本と絵画の鑑賞会+ワークショップ」では、弘前を舞台にした絵本を想定して、オリジナルキャラクター作りに挑戦します。そこで、弘前の町の魅力的なスポットを共有して、アイデアの参考にさせていただきたいと、弘前の写真を募集しています。いただいた写真は、ワークショップで参考にさせていただくほか、許可がいただけた場合には、3月に予定している「ギャラリーまんなかでのワークショップの成果発表会で展示させていただきたいと考えています。

ご協力いただける方は、こちらまで、お写真のデータとコメントをお寄せください!

 

よろしくお願いいたします!!!

第2回みんなのコンサート 2020年12月18日(金) 10:30~ ヒロロ4階ホール

赤ちゃんも!音楽ファンも!お気軽にお越し下さい。30分ほどのピアノのコンサートです。入場無料。ご予約受付中です。 第2回みんなのコンサート予約フォームへ(Googleフォームが開きます)

みんなのコンサート告知

(クリックすると別窓で拡大表示します)

続きを読む

「絵本と絵画の鑑賞会+ワークショップ」vol. 4 11月22日に開催します!

「絵本と絵画の鑑賞会+ワークショップ」vol. 4を開催します!

 

 

 4回目となる今回のテーマは、弘前が舞台の絵本を想定したオリジナルキャラクター作りです。
「バーバパパ」や「ムーミン」、「クネクネさん」などなど、絵本の中にはたくさんのオリジナルキャラクターが登場します。彼らに共通しているのは、その姿がとても単純な線で形作られていることです。今回は、独特で愛らしいオリジナルキャラクターが活躍する絵本のおはなし会と、線から作り出すオリジナルキャラクターの考案するワークショップを行います。

 

▽とき 2020年11月22日(日)

    午前:10:30-12:30(オンラインワークショップは10:30-11:20)

    午後:14:00-17:00(オンラインワークショップ は14:00-14:50)

    ※午前・午後はそれぞれで完結します(続きものではありません)。

▽場所 ヒロロ3階「多世代交流室2」(オンラインはZoom)

▽対象 幼稚園・保育園〜小学校高学年のお子さまと保護者の方々

    ※保護者の方々もワークショップに参加できます。

▽参加無料です。ワークショップで使う道具については、紙と鉛筆やペンなどがあれば十分です。ヒロロでのワークショップに参加される方々にはこちらでご用意いたします。

※弘前市市民参加型まちづくり1%システム採択事業です。

 

新しいチャレンジ!

○新型コロナウィルス感染症対策ということもあり、「オンラインワークショップ」を同時開催します。「当日の会場が遠いな」という方や、「まだ少し感染症が心配だな」という方のために、Zoomを通じておはなし会とワークショップを中継開催します。

○オリジナルキャラクターは、弘前を舞台にした絵本の中で活躍する設定にするため、事前に、「弘前のお気に入りスポット」写真を広く募集し、アートワールドひろさきのウェブサイトやSNSサイトでご紹介させていただきます。

○できあがったキャラクターの画像データを撮らせていただき、弘前の風景写真と合体させたものを「ギャラリーまんなか」にて2月に展示発表したいと考えています。

 

興味のある方、お写真のデータをご提供いただける方、あるいはこんな風景を使ってほしいという方は、このウェブサイトのお問い合わせフォームでご連絡ください!

 

○お写真のデータについてはこちらまで!

○参加のお申込みは、こちらのページで、11月3日から11月9日までにお願いします。

受付可能人数を超えた応募があった場合には抽選での受付となります。今回は、オンラインワークショップと同時開催となります。オンラインで参加をご希望の方も受付をお願いします。

 

もうすぐ林檎の季節です。

夏の間は青々としていた林檎畑。

岩木山の麓には広大な林檎畑が続いています。

そろそろ収穫の時期が近づいてきました。店頭にはこの時期に獲れる「つがる」種のリンゴが並んでいました!

沢のバス停付近で撮りました。太陽の光が眩しかった!

 

文:北 彰介、絵:太田大八『なんげえはなしっこしかへがな』BL出版

文:北 彰介、絵:太田大八『なんげえはなしっこしかへがな』BL出版

 

津軽地方に伝わる昔話を集めた絵本です。

冒頭、語り部さんの「なんげえはなしっこしかへがな」の言葉とともにお話がはじまります。

 

ミン ミン ミン となく蝉と、デデッポッポ となく山鳩のかけ合いが耳に楽しい「なぎくらべ」や、山の向こうに遊びに行こうとして ズルズルズル と途方もなく長い体を滑らせていった「へび」、村はずれの倉の中に作られた巣から ブンブンブン と生まれて出てきた何千匹もの「くまんばぢ」、そして岩から川に ドボン スイスイスイ と飛び込んでいく八万八千八百八十八匹の「かっぱ」、長いなが〜〜〜い「かみなりさまのふんどし」の話などなど、オノマトペの繰り返しが心地よいお話が収録されています。

 

弘前周辺には河童を「水虎さま」として祀る神社やお寺が点在しています。確かに、津軽平野を流れる岩木川周辺の平地では、かつては水害もかなりあったそうで、水辺に縁のある河童は特別な存在なのかもしれません。

 

赤い色が目を引く表紙ですが、中には美しい水彩による色とりどりの挿絵の世界が広がっています。モチーフの輪郭線もリズミカルな反復や流れるような曲線を示していて、耳にも目にも心地よい絵本です。

 

※この投稿の画像は、出版社が一般に掲載を許可している範囲内のものです。無断転載はご遠慮ください。

 

さく:ジャック・ガントス、え:ニコール・ルーベル、やく:いしいももこ『あくたれラルフ』童話館出版

さく:ジャック・ガントス、え:ニコール・ルーベル、やく:いしいももこ『あくたれラルフ』童話館出版

 

ラルフはセイラのねこです。いつも悪さをしてはセイラと家族を困らせています。

けれどセイラは、たとえあくたれでも、ラルフが好きでした。

 

ある日、セイラたちはラルフを連れてサーカスに行きました。サーカスではラルフの隣にいた犬がうるさく吠えたてたので、ラルフは気に入りません。とうとう犬の首輪にたくさんの風船をつけて、犬をライオン小屋の上に飛ばしてしまします。ここからラルフの悪戯はどんどん加速していって、とんでもないことに!セイラたちはラルフをサーカスに置いて帰ってしまいます。

 

ラルフはこの後どうなるのでしょうか。

「(…) あたし いまでも あんたがだいすきなのよ!」ラルフに再会した時のセイラの言葉が素敵です。

 

ニコール・ルーベルのユーモラスな挿絵が目を引きます。

表紙のラルフの表情とそのいたずらっぷり、こんなキャラクターがいると楽しいです。シリーズ本になっています。

 

※この投稿の画像は、出版社の許可を得て掲載しているものです。無断転載はご遠慮ください。

 

文:セシリア・ダヴィッドソン、絵:フィリッパ・ヴィードルンド、訳:オスターグレン晴子『ムーミンやしきのすがたの見えないおきゃくさま』徳間書店

文:セシリア・ダヴィッドソン、絵:フィリッパ・ヴィードルンド、訳:オスターグレン晴子『ムーミンやしきのすがたの見えないおきゃくさま』徳間書店

 

原作はトーベ・ヤンソンです。

雨のふる暗い夕方に、その女の子はトゥーティッキに連れられてムーミン邸にやってきました。名前はニンニ。けれども、その子の姿は見えません。トゥーティッキによると、ニンニは一緒に住んでいたおばさんにいじめられて、怒ったり怒鳴られたりされて毎日びくびくしながら暮らしているうちに姿が見えなくなってしまいました。そこでトゥーティッキは、もしもニンニをムーミントロールの家族のもとに連れて行って、しばらく一緒に過ごさせたならば、また姿が見えるようになるのではないかと思いついたのでした。

 ニンニは黒いリボンに通された鈴を首につけていました。ニンニが屋敷に入ってくると、姿は見えないものの、鈴が宙に浮いて見えます。そうして、ムーミントロールたちと一緒に森でとってきたばかりのキノコをきれいにする作業に取りかかりました。すると、キノコだけがスーッと宙に浮いて、鈴の方に動いたのです。みんなはニンニの姿が見えるようになるにはどうしたいいものかと考えるようになりました。

 その晩、ムーミンママはおばあさまの残した古い手帳から、「すがたがうすくなったり、見えなくなったときのくすり」の作り方のメモを探し出して、さっそくいろいろな材料を用意して混ぜ合わせると、翌朝、ニンニの飲むコーヒーにこっそり混ぜました。すると、ニンニの小さな足が見えるようになったのです。

 

 ニンニは、おおらかなムーミン一家とともに過ごすうちに、その姿を取り戻していきます。けれども、その顔だけはなかなか見えるようになりませんでした。彼女はムーミンママが大好きで、いつもその後ろをついていきます。そんな彼女の姿が見えるようになったのは、ムーミンママを助けようとしてとったある行動なのですが−。

 ムーミン一家のやさしさが心地良いお話です。リンゴ畑を背にしたムーミントロールたちの様子を描いた挿絵のページが、どことなく弘前のリンゴ畑を思い出させたりします。

 

※この投稿の画像は、出版社の許可を得て掲載しているものです。無断転載はご遠慮ください。

 

文:セシリア・ダヴィッドソン、絵:セシリア・ヘイッキラ、訳:オスターグレン晴子『ムーミントロールと小さな竜』徳間書店

作:セシリア・ダヴィッドソン、絵:セシリア・ヘイッキラ、訳:オスターグレン晴子『ムーミントロールと小さな竜』徳間書店

 

原作はトーベ・ヤンソンです。

 おなじみのムーミンのお話です。8月のある木曜日の朝早く、ムーミントロールは庭の池で偶然にも小さな竜をつかまえました。池の底にいる生き物が後ろ向きに泳ぐかどうかを確かめたくて水に潜らせたガラスの瓶に入っていたのがその竜でした。

 

 金魚のヒレのような綺麗な形をした竜のつばさは、朝日をあびてキラキラと輝いていました。その小さな頭はきれいな緑色で、目は檸檬色をしています。ムーミントロールはこの素敵な生き物をすっかり気に入って、途中で同居人のミイに見つかりながらも、大事に部屋に持ち帰ります。そしてまずはじめにこの竜を見せるのはやっぱり友人のスナフキンだな、と思い巡らせるのでした。

 ところが竜はムーミントロールに腹を立てて、口から小さな炎をはいては寄せつけようとしません。そしてすごい勢いでハエに近づいては飲み込んで食べています。そんな竜にもムーミントロールは、「きみって、すごいなあ!」と言って感心してしまうのでした。

 

 ごはんの後、ムーミントロールはさっそくスナフキンを訪ねて、本物の小さな竜を見つけたことを告げます。スナフキンはにっこりして、「そいつはぜひ、見せてもらわなくちゃ」と、ムーミントロールの部屋に向かいました。部屋に入ると、ムーミントロールはカーテンのかげに潜んでいた竜をつかまえようとしますが、竜はそれから逃れて飛びまわります。そしてやさしく成り行きを見守っていたスナフキンのことをすっかり気に入って、彼の肩に止まるとそこから離れようとしなくなってしまいました。ムーミントロールはすっかり気落ちしてしまいますが、口に出して訴えることはしません。-さて、このあとの展開はどうなっていくのでしょうか。スナフキンのやさしさが切ないお話です。

 

 フィンランドの広大な森の中で繰り広げられるムーミントロールの物語では、ムーミンという架空のキャラクターがスナフキンやミイといった登場人物と自然に共存しており、そしてそこにはどこかほっとする温かい雰囲気が満ち満ちています。丸くやわらかな輪郭線でとらえられたムーミントロールのかわいくもユーモラスな独特の風貌は、一度見たら忘れられません。

 

※この投稿の画像は、出版社の許可を得て掲載しているものです。無断転載はご遠慮ください。

 

作:ヘレン・ダンモア、絵:レベッカ・コッブ、訳:三辺律子『ふたりだけのとっておきのいちにち』文溪堂

作:ヘレン・ダンモア、絵:レベッカ・コッブ、訳:三辺律子『ふたりだけのとっておきのいちにち』文溪堂

毎年夏になると、リンの住む海辺の町にロビーがやってきます。二人は仲良しです。
 今年もロビーがやってきました。二人は砂浜でひみつの島を作ることにしました。ダムをつくり、小屋を建てて、その奥には海藻のジャングルを作って…だんだんと島は出来上がっていきます。

6日後、ロビーの出発の前日になってしまいました。まだ一緒にいたい二人は、いいことを思いついてー

夏の日がずっと続いたらいいのに、と思ってしまうキュートな絵本です。色鮮やかな海辺の様子や、細やかな輪郭線で描かれたモチーフと二人のキャラクターが目に楽しい一冊。

※この投稿の画像は、出版社の許可を得て掲載しているものです。無断転載はご遠慮ください。

 

作:マリア・テルリコフスカ、絵:ボフダン・ブテンコ、訳:うちだ りさこ『しずくのぼうけん』福音館書店

作:マリア・テルリコフスカ、絵:ボフダン・ブテンコ、訳:うちだ りさこ、『しずくのぼうけん』福音館書店

 

おばさんのバケツから、ぴしゃんと飛び出したひとしずく。しずくが落ちたのはホコリだらけの裏庭でした。きれいになりたいしずくは、クリーニング屋さんに向かいます。ところがー

ひょんなことからはじまったしずくのぼうけん。おひさまの熱で水蒸気になったり、雨になったり、冬の寒さで氷になったり。いろいろな旅を経て、春になるのを待つことに。お話を楽しみながら、いつの間にか、水の性質や水道の仕組みまで学んでいる・・・とても秀逸な一冊です!

単純なしずく💧に、かわいらしい目、鼻、口が加わって、一度見たら忘れられないキャラクターです。
本当に楽しいポーランドの絵本。

※この投稿の画像は、出版社が一般に掲載を許可している範囲内のものです。無断転載はご遠慮ください。