特集記事

学外からの電子ジャーナルの利用について

投稿者: | 2020年8月7日

学外から附属図書館で導入している電子ジャーナルを利用する場合(ほとんどのジャーナルは)SSL VPN は不要です。「学認」による認証で,特別な手続きなしですぐにご利用になれます。詳しくは附属図書館の以下のページをご覧ください。

 

【必ず確認してください】メディア授業受講時の注意点について

投稿者: | 2020年11月2日

前期にメディア授業を実施した際の注意点を改めてお知らせするので,内容を確認してください。

 

①教員に対する授業の連絡及び質問について

授業に関する連絡及び質問を教員にする際,原則として授業実施曜日(月曜~金曜)の8時30分~18時の間に連絡してください。

教員が常に対応できるわけではないので,深夜の時間帯や休日等に連絡をすることはしないでください。

 

 

②Teamsの会議参加時の注意点について

Teamsの会議を終了する際には,毎回,必ず「退室」ボタンを押して終了ください。自動的に終了するまでの4時間,接続状態が継続し,通信料がかかる場合があります。

 

 

③Teams使用時のメール送信について

授業に関する連絡を教員にする際は,教員の個人メールアドレス等へ連絡してください。チームに割り当てられているメールアドレス(例:msteams_○○○○@hirosaki-u.ac.jp)に送信してしまうと,チームに参加している学生全員にメールが送られます。

メールを送信する前に,宛先をしっかりと確認してください。

 

 

④授業資料等の著作物の取り扱いについて

授業の各種資料(動画・画像・音声・その他教材等。画面全体,一部切り取りを含む。)の全ては,著作権を有しています。授業における学習以外での無断利用(二次加工・他媒体への転載含む)を禁止します。

また,先日もお知らせしておりましたが,Teamsの仕様変更により,これまでStream上で 公開されていた授業動画が,各授業チームのチャネル・チャット内にアップロードされ,ダウンロードして視聴することが可能になりました。

学生の皆さんは,これまでと同様に通信不調により聞き逃した場合や授業の予習・復習の為にダウンロードし,視聴することができますが,ダウンロードしたファイルを他者へ配付することなどは,著作権法に抵触する場合がありますので,視聴後は削除するなど,取扱いには十分注意してください。

 

 

⑤メディア授業の履修について

メディア授業についても,授業担当教員が講義室での授業と同様に出欠確認を行います。

弘前大学各学部共通規程の第2条より,「授業出席時数が総授業時数の3分の2に達していない者」は不可となります。

ただし,授業は基本的に全て出席する必要があり,本条項は,3分の1まで授業を休んでも良いというものではなく,あくまで自動的に不可になるという要件です。

やむを得ず欠席する場合には,授業担当教員にメール等で連絡し,指示を受けてください。

 

 

⑥パソコン等の貸し出しや学内無線LANの使用について

パソコン等の性能やネットワーク環境によりメディア授業を受けることができない学生に対し,パソコン等の貸し出しや学内無線LANを利用できる講義室の使用を許可しています。

メディア授業を受講することができない場合は,各学部・研究科の教務担当に至急相談してください。

 

 

その他,授業や学生生活に関する最新の情報は,「弘大Moodle」掲示板でお知らせしています。大学全体の情報や各学部・研究科の情報を掲載しているので,日々確認するよう心がけてください。

 

○大学共通掲示板

https://moodle2.hirosaki-u.ac.jp/mod/forum/view.php?id=16630

 

○各学部・研究科掲示板

https://moodle2.hirosaki-u.ac.jp/course/index.php?categoryid=58

 

○大学からのお知らせ(教養教育,授業料・奨学金,学生生活,就職支援)

https://moodle2.hirosaki-u.ac.jp/course/index.php?categoryid=56

【重要】Teamsにおける授業動画の取扱いについて

投稿者: | 2020年10月21日

令和2年8月20日のMicrosoft Teamsの仕様変更により,これまでStream上で 公開されていた授業動画が,各授業チームのチャネル・チャット内にアップロードされ,ダウンロードして視聴することが可能になりました。
学生の皆さんは,これまでと同様に通信不調により聞き逃した場合や授業の予習・復習の為にダウンロードし,視聴することができます。
しかし,このダウンロードしたファイルを他者へ配付することなどは,著作権法に抵触する場合がありますので,視聴後は削除するなど,取扱いには十分注意してください。

 

本件担当:学務部教務課/情報連携統括本部

Moodle コースの「非表示」及び削除について

投稿者: | 2020年9月15日

Moodle コースを「非表示」にするには

学生に公開しない練習用のコースや,授業が終了したコースは「非表示」にしてください。以下の設定によって,コースは学生からは非表示になりますが,教員からは灰色文字で引き続き表示されます。

コースの「非表示」は「編集モードの開始」(または左の「管理」>「コース管理」>「設定を編集する」)をクリックし…

「コース可視性」を「非表示」にして…

「保存して表示する」をクリックして設定を保存してください。

Moodle コースを削除するには

練習用の Moodle コースは学生には「非表示」でお試しください。コース作成後24時間以内であればコース作成者が削除できます。24時間を超えたコースを削除する場合は,以下のように,「コースカテゴリ」を「ゴミ箱」にして保存してください。(「ゴミ箱」の設定は,弘大 Moodle 2 の独自設定です。)

 

【重要:リマインド】弘前大学 学生教材費支援金の給付について

投稿者: | 2020年9月15日

弘前大学 学生教材費支援金の給付について

 

学生の皆さんには,7月20日に「学生教材費支援金」について案内しているところですが,9月15日現在,全学生に対し50%程度の受領状況です。後期授業開始後になりますと混雑が予想されるため,なるべく早めの受け取りに協力願います。詳細については以下を確認願います。

 

弘前大学では,新型コロナウイルス感染の拡大を受けて,令和2年度前期の面接授業を中止し,5月11日よりメディア授業を実施しており,学内プリンタによる印刷や授業で予定していた紙媒体での資料配布を行っていません。

 

このような状況を鑑み,弘前大学新型コロナウイルス感染症対策本部では,下記のとおり学生教材費支援事業を実施することとしました。

本事業は,大学予算に加え,これまでも本学に対して多大なご支援をいただいている岩谷様からのご寄附1,000万円により給付するものです。

教科書の購入費,資料印刷代及び面接授業の再開に伴う大学内での活動等に利用ください。

 

支 給 日 : 令和2年7月27日(月)~令和2年10月30日(金)

対 象 者 : 学部学生及び大学院生(全6,824人)

支援金額 : 1人当たり6,500円(内訳:大学予算5,000円及び寄附金1,500円)

支給方法 : 弘前大学生活協同組合員証(Picoカード)へのチャージ

 

学部毎に手続き場所・日時を指定しますので,以下URLより確認してください。

URL:http://home.hirosaki-u.ac.jp/on-line/wp-content/uploads/sites/47/R2.7.29shienkin_haifu.pdf

 

②手続き時には,必ず学生証及びPicoカードを提示してください。弘前大学生活協同組合員でない場合は,仮カード(預り金1,000円必要,返却時に返還)を発行します。

 

③手続き時には,感染予防対策として必ずマスクをしてください。

 

④体調に異変を感じる場合や感染経路不明の患者が多数発生している地域(医学部医学科で指定している北海道,東京都,埼玉県,千葉県,神奈川県,愛知県,大阪府,京都府,兵庫県,奈良県,福岡県,沖縄県)から弘前に戻り14日経過していない学生は,別の指定日に手続きしてください。

 

問い合わせ先:学務部教務課教養教育担当
h-gakumu@hirosaki-u.ac.jp

【学生は必ず回答してください】弘前大学後期授業に係るインターネット環境等の調査の実施について

投稿者: | 2020年9月8日

弘前大学後期授業に係るインターネット環境等の調査の実施について

 

本学では,新型コロナウイルス感染症の感染予防対策を講じ,令和2年度後期授業を原則面接授業で実施する予定としていますが,感染拡大の状況により大学の立入を制限する措置等を行う場合が想定され,後期授業についても一時的にメディア授業に移行する可能性があります。

そこで,面接授業再開後にメディア授業に移行した場合,学生の皆さんがメディア授業を問題なく受講できるかを確認するために,以下のとおりインターネット環境等の調査を行います。

なお,本調査は,前期授業期間中に実家等の遠隔地でメディア授業を受講していた学生も多数いたため,面接授業再開後の通学する住居でのインターネット環境について,改めて調査を行うものです。学生の皆さんは,以下のURLより必ず回答してください。

 

○回答フォームURL

https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=EDgVFpRS_UGrH_9yO7KBO1mDiEfTR0hAvX_ltHI0-39UMUxaMVRCVkw5RFhFN0xXWVYzNkNTNTZRQy4u

 

回答期限: 令和2年9月16日(水)17:00

 

本件担当:学務部教務課
Email :h-gakumu@hirosaki-u.ac.jp

 

 

【履修者募集】北東北国立3大学単位互換 集中講義の履修申請について

投稿者: | 2020年8月26日

北東北国立3大学単位互換 集中講義の履修申請について

 

岩手大学と秋田大学の教員が夏季休業中に弘前大学で集中講義を開講します。

この授業を履修し,単位を修得すると教養教育科目(旧:21世紀教育科目)の単位として読み替えることができ,また他大学で開講されている授業を受講する良い機会となりますので是非これを機に受講してみてください。
なお,今年度は,以下の4科目を開講しますので,履修を希望する学生は申請フォームにより履修申請をしてください。

 

 

①開講科目一覧

開講科目名担当教員読替となる教養教育科目読替となる21世紀教育科目

開講月日

市民生活と法深澤 泰弘(岩手大学)社会・文化「法と社会A」法学の基礎9月7日~予定(オンデマンド配信)
女性と科学の関係史海妻 径子(岩手大学)文化・社会「くらし・文化」社会学の基礎/くらし・歴史・文化9月16日~9月18日(面接授業)
社会と地域A-都市社会学の基礎-和泉 浩

(秋田大学)

社会・文化「政治経済・社会」社会学の基礎9月23日~9月25日(Zoom双方向授業)
ライフサイエンスⅠ-生命の連続性-石井 照久

(秋田大学)

自然・科学「生物学の世界」生物の科学・技術9月7日~9月10日(Zoom双方向授業)

※履修方法の詳細については,履修者に対して別途ご連絡いたします。

 

②開講科目日程詳細・シラバス

開講科目の詳細については,以下に掲載されている授業日程・シラバスよりご確認ください。

 

〇授業日程(全科目)

授業日程URL:http://home.hirosaki-u.ac.jp/on-line/wp-content/uploads/sites/47/kitatouhoku-nittei.pdf

 

1.「市民生活と法」シラバス

シラバスURL:http://home.hirosaki-u.ac.jp/on-line/wp-content/uploads/sites/47/iwate1-fukazawa.pdf

 

2.「女性と科学の関係史」シラバス

シラバスURL:http://home.hirosaki-u.ac.jp/on-line/wp-content/uploads/sites/47/iwate2-kaizuma.pdf

 

3.「社会と地域A-都市社会学の基礎-」シラバス

シラバスURL:http://home.hirosaki-u.ac.jp/on-line/wp-content/uploads/sites/47/akita2-izumi.pdf

 

4.「ライフサイエンスⅠ-生命の連続性-」シラバス

シラバスURL:http://home.hirosaki-u.ac.jp/on-line/wp-content/uploads/sites/47/akita1-ishii.pdf

 

③申請時の注意事項

(1) これらの授業科目は,単位認定の日程上,全て令和2年度後期の授業科目の単位となります。

(2) これらの授業を履修しても,教養教育科目及び21世紀教育科目の履修登録できる単位の上限には含みません。

(3) 既に修得可能単位数を満たして修得した授業科目(前期取得見込みを含む)は,履修できません。

(4) 開講月日が異なっていれば,複数の授業科目を履修することを認めます。

(5)Zoomで開講する授業について,PC等機器を所持していない学生は,総合教育棟2階「情報処理演習室」で受講できますので,申請フォームに情報処理演習室での受講を希望する旨を回答してください。

 

④履修申請フォーム

https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=EDgVFpRS_UGrH_9yO7KBO1mDiEfTR0hAvX_ltHI0-39UNFlGRUk2N0tIQ0c4V0lDTE45V0U1NjVZMi4u

 

申請締切:9月4日(金)12:00

 

本件担当:学務部教務課
Email :h-gakumu@hirosaki-u.ac.jp

 

 

【重要】授業日程の変更について(令和2年8月7日掲載 8月4日更新)

投稿者: | 2020年8月7日

令和2年度授業日程について,総合文化祭の中止,総合型選抜入試日程の確定及び大学共通テスト(第2日程)実施の決定等に伴い,変更しました。

 

授業日程の詳細については「2020年度授業日程【令和2年8月4日変更】」を確認してください。

 

本件担当:学務部教務課
Email :h-gakumu@hirosaki-u.ac.jp

 

 

【重要】夏季集中講義の実施教室・実施時間について(8/7更新)

投稿者: | 2020年8月7日

夏季集中講義の実施教室・実施時間について

 

令和2年度開講分の夏季集中講義の実施教室・実施時間の詳細について,以下のとおり確定しました。学部別にPDFファイルを掲載していますので,夏季集中講義を履修する学生は,必ず事前に確認をしてください。

 

〇教養教育科目 実施教室・実施時間一覧.pdf

 

〇人文社会科学部 実施教室・実施時間一覧.pdf

 

〇教育学部 実施教室・実施時間一覧.pdf

 

〇医学部保健学科 実施教室・実施時間一覧.pdf

 

〇理工学部 実施教室・実施時間一覧.pdf(8/6更新)

※数物科学科3年・自然エネルギー学科4年対象「技術者倫理」の実施方法・実施日程を更新しました。

受講する学生は内容を確認してください。

 

〇農学生命科学部 実施教室・実施時間一覧.pdf(8/7更新)

技術者倫理学の実施方法・実施日程を更新しました。
受講者は内容を確認してください。

 

※まだ履修登録を行っていない学生は,自身の所属する学部の教務・学務担当へ申し出てください。

 

本件担当:学務部教務課
Email :h-gakumu@hirosaki-u.ac.jp

 

 

【重要】夏季集中講義について(7/31日程確定)

投稿者: | 2020年7月31日

夏季集中講義日程について

夏季集中講義について今回新たに日程が確定した科目がありますので,お知らせいたします。

履修を希望する方は,以下の内容を確認の上,履修登録をしていただきますようお願いいたします。

 

1.7月31日(金)追加確定分の集中講義について

①開講科目一覧について

今回以下の集中講義の日程が追加で確定しています。他の集中講義との日程を確認のうえ,申請をしてください。

 

・開講日程の確定

【教養教育科目】
①心理学の世界-身近な対人関係の維持と崩壊①-
9月14日(月)~9月17日(木)

 

【教職科目】
①特別活動及び総合的な学習の時間の指導法【人社・教育・農生対象】
8月中旬~9月10日(木)(オンデマンド配信)
9月14日(月)~9月15日(火)(面接授業)

②特別活動及び総合的な学習の時間の指導法【保健・理工対象】
8月中旬~9月10日(木)(オンデマンド配信)
9月28日(月)~9月29日(火)(面接授業)

 

〇7月31日(金)追加分科目一覧

http://home.hirosaki-u.ac.jp/on-line/wp-content/uploads/sites/47/nittei_tsuika.pdf

 

②科目の履修登録について

7月31日(金)確定分の科目の履修登録については以下のURLより行ってください。

URL:https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=EDgVFpRS_UGrH_9yO7KBO9J1cRdyJgBLun0dh7XvCttUQVhPWFVVOFNJTVdBUEUxV01HTDFXVVJXQy4u

 

※実施教室・実施時間の詳細は,別途お知らせします。

 

③登録締め切り

8月5日(水)17:00

 

 

本件担当:学務部教務課
Email :h-gakumu@hirosaki-u.ac.jp