国家試験合格率

本学の臨床検査技師国家試験合格率は全国合格率を上回る好成績をおさめております。
本校の臨床検査技師国家試験合格率は以下の通りです。


第68回臨床検査技師国家試験(2022年2月実施) 弘前大学合格率(新卒) 92.9%、全国合格率 75.4%

第67回臨床検査技師国家試験(2021年2月実施) 弘前大学合格率(新卒) 87.5%、全国合格率 80.2%

第66回臨床検査技師国家試験(2020年2月実施) 弘前大学合格率(新卒) 97.5%、全国合格率 71.5%

第65回臨床検査技師国家試験(2019年2月実施) 弘前大学合格率(新卒) 91.7%、全国合格率 75.2%

第64回臨床検査技師国家試験(2018年2月実施) 弘前大学合格率(新卒) 92.9%、全国合格率 79.3%


就職活動支援について

就職活動は4年次の春から始まります。学生は就職活動に必要なスキル(履歴書、資格、アピールポイント)を4年次までに身につけていることが必要です。
本校では弘前大学就職支援センターと連携し、学生の就職活動をサポートしております。また本学卒業生を招いての就職説明会、県内外の医療機関への見学・短期研修などを実施し、就職に必要な情報収集活動サポートにも力を入れております。
本校は前身の医療技術短期大学部(25年)、臨床検査技師学校(4年)、衛生検査技師学校(5年)を含めると50年以上にわたる長い歴史を有しており、多くの卒業生が北海道・東北・関東方面の医療機関の第一線で活躍しています。


卒業生就職先一覧

北海道:市立函館病院、函館五稜郭病院、函館中央病院、函館市医師会健診検査センター、函館共愛会病院、国立病院機構函館病院、江別市立病院、市立室蘭総合病院、北海道厚生農業協同組合連合会帯広厚生病院、旭川医科大学病院、旭川赤十字病院、北海道循環器病院、札幌医科大学附属病院、国立病院機構北海道がんセンター、中村記念病院、手稲渓仁会病院、美加レディースクリニック、北海道厚生農業協同組合連合会網走厚生病院、小樽市立病院、小樽掖済会病院、小樽検疫所、北見赤十字病院、北海道厚生農業協同組合連合会札幌厚生病院、北海道厚生農業協同組合旭川厚生病院、株式会社保健科学研究所苫小牧ラボラトリー、KKR札幌医療センター、日本赤十字社北海道ブロック血液センター

青森県:青森県立中央病院、青森市民病院、青森県総合検診センター、あおもり協立病院、村上病院、鷹揚郷腎研究所青森病院、青森慈恵会病院、青森労災病院、八戸市立市民病院、八戸赤十字病院、八戸西検診プラザ、メディカルコート八戸西病院、八戸市医師会センター、つがる総合病院、西北中央病院、弘前大学医学部附属病院、弘前市医師会健診センター、鷹揚郷腎研究所弘前病院、弘前中央病院、ESTクリニック、黎明郷弘前脳卒中・リハビリテーションセンター、弘前市立病院、津軽保健生活協同組合健生病院十和田市立中央病院、下北医療センターむつ総合病院

岩手県:岩手医科大学附属病院、岩手県立中央病院、岩手県立釜石病院、岩手県立久慈病院、松園第二病院、岩手県立二戸病院、岩手県対がん協会、岩手県立磐井病院、岩手県立胆沢病院、岩手県立大船渡病院、岩手県立宮古病院、盛岡赤十字病院、岩手県立遠野病院、盛岡友愛病院

秋田県:市立横手病院、秋田大学医学部附属病院、秋田県厚生農業協同組合連合会中通総合病院、秋田県厚生農業協同組合連合会秋田厚生医療センター、秋田県成人病医療センター、秋田県厚生農業協同組合連合会仙北組合総合病院、株式会社秋田病理組織細胞診研究センター、秋田赤十字病院、秋田労災病院、秋田県厚生農業協同組合由利組合総合病院

宮城県:石巻赤十字病院、せんだい総合検診クリニック、総合南東北病院、東北医科薬科大学病院、イムス明理会仙台総合病院、仙台赤十字病院、栗原市立栗原中央病院、みやぎ県南中核病院、広南病院、東北大学病院、仙台市立病院、仙台社会保険病院、大崎市民病院、国立病院機構仙台医療センター、国立病院機構宮城病院、日本赤十字社東北ブロック血液センター

福島県:福島県立医科大学附属病院、寿泉堂綜合病院、太田綜合病院、いわき市立総合磐城共立病院、星総合病院

山形県:山形済生病院、山形市立病院済生館、山形大学医学部附属病院

新潟県:新潟市民病院、新潟県立中央病院

関東:東京医科大学病院、行田総合病院、医療システム研究所、綜友会、栃木県立がんセンター、東川口病院、さいたま市立病院、JCHO関東ブロック、宇都宮東病院、大船中央病院、水野記念病院、川口市立医療センター、川崎市立川崎病院、神奈川県厚生農業協同組合連合会 相模原協同病院、国家公務員共済組合連合会虎の門病院、国立成育医療研究センター病院、千葉市立青葉病院、埼玉県健康づくり事業団、(株)ピーシーエルジャパン、(株)綜合臨床サイエンス、横浜市立大学附属病院、国立病院機構東京医療センター、船橋総合病院、株式会社エスアールエル・ラボ・クリエイト、ソフィア祐子レディースクリニック、津田沼中央総合病院、茨城県厚生農業協同組合連合会 総合病院土浦協同病院、川崎市健康福祉局衛生研究所、(株)アイロムホールディングス、聖マリアンナ医科大学病院、伊勢崎市民病院、PL東京健康管理センター、独協医科大学病院、済生会宇都宮病院、順天堂大学医学部附属順天堂医院、自治医科大学附属病院、(株)LSIメディエンス、(株)日立製作所日立総合病院、横浜市立市民病院、地域医療機能推進機構東京高輪病院

中部:聖隷三方原病院、国立病院機構名古屋医療センター

北陸:金沢大学附属病院、長岡赤十字病院

東海:静岡市立静岡病院、山梨大学医学部附属病院、総合大雄会病院、国立病院機構東海北陸グループ

近畿:八尾総合病院


進学について

本学では生命科学の飛躍的発展に伴う医療の高度・先進化、急速な少子・高齢化の進展に伴う社会・疾病構造の変化、健康保持・増進に対する国民の意識の高揚など、保健医療を取り巻く環境に対応できる高度な医療技術者養成を行うべく平成17年4月に医学系研究科保健学専攻(修士課程)、平成19年4月に保健学研究科保健学専攻(博士課程)を設置しました。高度な臨床検査技術の研究開発、マネージメント技術など単に現在の医療技術を活用できるだけではなく、新たな技術や知識を創出できる人材育成を行っております。
本学には学部からの進学者だけでなく、社会人入学制度を活用した多くの既卒者もまた日々進歩する高度な医療技術や分析技術を身につけるために「学び直し」入学をしています。
医療従事者は常に最新の医学知識を有して業務を行うことが求められますので、本学では職能団体である日本臨床衛生検査技師会とも連携し、社会人再教育にも力を入れています。


進学先一覧

北海道大学大学院、弘前大学大学院、東北大学大学院、福島県立医科大学大学院、金沢大学大学院、東京大学大学院、東京医科歯科大学大学院、大阪大学大学院、神戸大学大学院ほか