総説

2017

  • 川端二功.
    “(4)—九州大学の畜産学教育における学生実験の現状と今後の展望—”
    畜産の研究 71(8) 656-660 2017年8月.
  • 川端二功.
    “ニワトリの味覚研究が拓く未来の養鶏”
    青淵 (819) 19-21 2017年6月.
  • 川端二功.
    “九州大学の畜産学教育における学生実験の現状と今後の展望”
    平成28年度 畜産学教育協議会シンポジウム要旨集 畜産学系学生に向けた学生実験で何を教えるべきか? 13-19 2017年3月.

2016

  • 川端二功.
    “ニワトリも味がわかる”
    日本経済新聞 25ページ(サイエンス). 2016年11月20日(日)朝刊.

2015

  • 川端二功.
    “家畜・家禽におけるTRPV1酸応答の電気生理学的解析”
    杉山産業化学研究所年報 平成26年 42-48 2015年10月.
  • 川端二功.
    “n-3系脂肪酸による眼精疲労及びドライアイの改善”
    別冊BIO Clinica 慢性炎症と疾患 4(3) 145-151 2015年8月.
  • 川端二功, 川端由子, 廣瀬のぞみ, 澤村亮, 吉田悠太, 西村正太郎, 田畑正志.
    “家禽の味覚受容体に関する研究”
    栄養生理研究会報 59(1) 19-24. 2015年5月.

2014

  • 川端二功, 川端由子, 西村正太郎, 田畑正志.
    “動物の味覚受容体”
    ペット栄養学会誌 17(2) 96-101. 2014年10月.
  • 川端二功.
    “最新栄養学〔第10版〕―専門領域の最新情報―”
    建帛社 (担当:共訳, 範囲:60. 味と食品の選択). 2014年5月.
  • 川端二功.
    “n-3系脂肪酸の眼科領域における新規機能性”
    脂質栄養学 23(1) 17-21. 2014年5月.

2013

  • 川端二功.
    “応用栄養学”
    アイ・ケイ・コーポレーション (担当:分担執筆, 範囲:13章 特殊環境と栄養). 2013年3月.
  • 川端二功.
    “スパイスの化学受容と機能性”
    日本調理科学会誌 46(1) 1-7. 2013年2月.

2011

  • 川端二功, 辻智子.
    “EPAによる運動持久力向上作用とそのメカニズム”
    食品と開発 46(8) 74-76. 2011年8月.

2005

  • 川端二功, 伏木亨.
    “トウガラシの辛味と痛みとエネルギー代謝”
    化学と生物 43(3) 160-165. 2005年3月.