Home

 

弘前大学農学生命科学部 家畜生理学分野

 

<大学院生募集中>

当研究室では、組織学、蛍光イメージング、電気生理学、分子生物学の研究手法をベースに家畜・家禽の味覚生理および栄養生理の研究を行っています。

 

家畜・家禽の生理学的研究に熱意のある大学院学生を国内外から広く募集しております。
私たちと一緒に研究してみませんか。
まずは、川端(連絡先・アクセスページ)までお問い合わせください。

 

基盤研究(B)(代表)、企業共同研究費等の多くの支援を受けており、味覚受容体アッセイ(パッチクランプやカルシウムイメージング)、動物の呼気ガス分析、動物行動学、組織学的解析等のあらゆる実験が存分にできます。私が大学院生だったら毎日楽しく研究できる・・という機器を全て揃えています。

 

<お知らせ>

2020.6.22 カプサイシン受容体TRPV1のアンタゴニスト投与はカプサイシン感受性神経を介して自発運動量とエネルギー代謝を高めることを発見した論文がアクセプトされました!!

Intragastric administration of AMG517, a TRPV1 antagonist, enhanced activity-dependent energy metabolism via capsaicin-sensitive sensory nerves in mice
Hai J, Kawabata F*, Uchida K, Nishimura S, Tabata S.
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry (in press)

 

2020.4.1    2020年度がスタートしました!

 

2020.3.31  梁さん、4年生の浅沼さん、酒井さん、仲田さんが研究室を巣立ちました!皆さん新たな道で頑張って下さい!!

 

2020.3.28  川端が令和2年度日本家禽学会奨励賞を受賞しました!!2020年度大会は中止となったため、受賞講演は2021年度春季大会で行われます。

 

2020.3.23  研究生の梁さんが、九州大学から博士号の学位を授与されました!おめでとうございます!

 

2020.2.12  学部4年生の酒井美咲子さんが農学生命科学部国際園芸農学科園芸農学コースの卒論発表会で優秀発表賞を受賞しました!酒井さんおめでとうございます!!浅沼さん、仲田さんの発表もとても素晴らしかったです!発表お疲れ様でした!