ご挨拶

フォーラム会長 岩渕 明 (岩手大学名誉教授、前岩手大学学長)

2021新年を迎え、”with-コロナ時代”を乗り切るために生活様式への注意に気を遣う日々ですが、皆様におかれましては、気持ち新たに新春をお過ごしのこととお慶び申し上げます。 その中でも世界の人々が暮らす、地球規模での社会経済の将来に目を向けますと、国連が推進する“SDGs=持続可能な開発目標課題(2015年9月の国連サミット採択の17項目、リンクPDF参照)“への取り組みが、ますます重要視され、わが国政府も、“2050年の炭素ゼロ社会”を目指す政策発表がなされました。 人類が生きる上で不可欠な砦となる、SDGs(=持続可能な開発目標課題(2015年9月の国連サミット採択17項目)の基盤をなす2つキーワード “食糧供給と脱炭素・グリーンエネルギー”分野こそ、我々の“北日本(東北、北海道)地区は豊富な資源”を有しており、我が国の産業・技術・人材育成を“実践分野でリードできる潜在ポテンシャル”があります。 しかしながら、現実は、東日本大震災10年を経て、当該地区では、1)一次産業(農水産)担い手の減少、少子高齢化、街並み賑わいは衰退し、2)従来強みの海洋・水産資源の枯渇化、また、3)国際視点では、東南アジア等の産業技術政策からの追い上げもあり、単機能部品、量産化ではコスト競争に勝てなくなっている、4)サプライチェーンの弱体化・地域外流出による安定雇用(通年雇用)・職域減少が危惧されて来ています。 このような国内外からの地政学的要因が重なり、厳しさを増す北日本(東北、北海道)地区ですが、上記の現実を覆う地域社会の技術課題を再確認し、かつ、産官学からの地域課題・近未来分析を含む、大学研究者や実践的経営者のお話を通して、北日本地域再生を目指す“北日本SDGsスマートアグリ推進シンポジュウム”を開催いたします。 今回は本フォーラム活動に賛同し結集頂きました、産官学からの講演者を予定し、会場からはWEB方式で関係者(各機関・登録者)に配信し、本活動への要望等を含む総合討論会(別紙プログラム参照)も企画致しました。この突然のコロナ禍にあたり、経済的困難や生命危機に対して、いかに知略と戦術を立てて立ち向かい、生き抜くのか、今こそ我々が生活する地域・人の知性(インテリジェンス)の結集が不可欠です。その解決策模索への一助と致したく、本企画に皆様奮ってご参加ください。