ホーム

 

弘前大学教育学部では,できるだけ多くの学生に留学の機会を提供するため,毎年2月中旬から3月上旬にかけて3週間の日程で,本学の姉妹校であるメイン州立メイン大学(アメリカ合衆国メイン州オロノ)において学部教員の引率の下に短期語学研修を行っています。本プログラムには教育学部の学生だけでなく,すべての学部の学生・大学院生が参加できます。参加者は,「言語教育演習」2単位と,「国際理解教育」または「比較文化」2単位の合計4単位を修得することができます。経費の自己負担は約40万円(2019年度)です。短期留学の効果としては,まずは英語力の向上が見込まれます。参加者の中には英語圏の大学に留学する際に課される国際的な英語能力テストであるTOEFLの点数が大幅にアップする学生も毎年何名か出ています。また,短期間ではありますが,異文化に直接触れる機会を持つことで,将来,国際人として大きく羽ばたく第一歩を踏み出す契機ともなります。このプログラムの参加資格として英語力が問われることはありません。プログラムに参加することで英語力を高めることが目的なのです。

2020年度(令和2年度)のメイン・プログラムは中止となりました。

2020年12月1日現在、代替プログラムとして、オンラインによる「メイン大学英語コミュニケーションセミナ-」(仮称)の実施についてメイン大学と協議中です。