卒業後の豊かな生活のために

本校では卒業生が豊かな生活を送ることができるよう,事業所,家庭,学校,関係機関と連携し,卒業後の支援を進めています。
本校は「つがる地区障害者就労支援連絡会」の事務局総務として,障害者の雇用促進と就労の継続・安定を図るため,積極的な支援に取り組んでいます。

高等部卒業後の進路先

高等部卒業時点の進路先は,以下の通りです。

高等部卒業後の進路 平成28年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度
事業所 5 2 4 5
福祉施設 3 6 4 3
8 8 8 8

 

つがる地区障害者就労支援連絡会 ❝さくらジョブネット❞

「つがる地区障害者就労支援連絡会」(愛称❝さくらジョブネット❞)は,平成10年に本校が立ち上げた就労支援組織で「事業所,家庭,学校,関係機関の四者が連携し,障害者が豊かな生活を送る上で抱える諸問題について情報を交換するとともに,障害者の福祉の向上,雇用促進と就労の継続・安定を図ること」を目的に活動しています。

【会員数】(令和2年5月現在)
・個人会員 294名
・団体会員 115団体

【主な事業】
・研修等の事業
「講演会」「福祉施設合同説明会」等を実施しています。

・卒業生を対象とした事業
地域の行事(弘前・白神アップルマラソン)に参加しています。

・広報事業
「さくらジョブネットニュース」を発行し,本会の活動について広く知らせています。

ブログアドレス http://ameblo.jp/sakurajobnet(現在,休止中)