木曜教室

関係各位

2022年3月14日

 

弘前大学教育学部附属特別支援教育センター教育相談(通称:木曜教室)

2022年度前期セッションのご案内について

 

平素より、弘前大学教育学部附属特別支援教育センターへのご支援・ご協力ありがとうございます。

このたび下記のように、2022年度前期(4~7月)のセッションを実施いたしますので、ご案内及びお誘い申し上げます

よろしくお願いいたします。

 

1.日時

    • 原則として毎週木曜日、16:10-17:00
    • 全14回 (①4/21、 ②4/28、 ③5/12、 ④5/19、 ⑤5/26、 ⑥6/2、 ⑦6/9、 ⑧6/16、 ⑨6/23、 ⑩6/30、 ⑪7/7、 ⑫7/14、 ⑬7/21、 ⑭8/4)
    • ただし、感染症拡大状況や使用施設(弘前大学)での感染者対策によっては、予定が変更することもあります。

2.場所:弘前大学教育学部(弘前市文京町1)

3.対象:特別な教育的支援を要すると疑われる幼児、小学生、中学生

4.内容

    • 第1回目に保護者との面談と参加児の活動観察を行い、参加児それぞれの学年や発達課題に合わせて、オーダーメイドで援助計画を作成し、個別的または小集団活動を継続的に行います。
    • 最終日にそれまでの支援とその成果について、報告書とともに報告いたします。
    • 支援は、感染症対策をふまえ、年齢や発達特性などを考慮して設定された2-4名程度の小集団単位で実施します。

5.費用:無料。なお活動上必要となる教材等について、事前に相談の上実費をご負担いただくことがあります。

6.定員:10名程度。申込みいただきましたら、1週間以内に受け入れについての返答をいたします。

7.その他

    • 本教育相談については、大学での学生教育・研究も目的にしております旨ご理解ください。なおプライバシーについて、相談において知り得た情報は、本人・保護者の承諾なく他の目的で使用したり公開されることはありません。安心してご利用ください。
    • 活動中は、マスクの着用や手指消毒等の感染症対策について、ご協力下さい。

8.参加の手続き

    • 電話、FAXまたはE-mailでお願いします(継続の方は2021年度後期セッションの担当のLINEでも結構です)。不在時は留守番電話の確認ができ次第、折り返し連絡いたします。
    • その際、【ア.お子さんのお名前と年齢】 【イ.保護者のお名前と連絡先(メールアドレス等)】【ウ.参加児の援助したい主たる課題(おおまかで結構です)】 【エ.駐車スペースの要/不要】 【オ.参加児についてその他伝えておきたいこと】の5点をお知らせ下さい。

9.連絡先

    • 担当者:弘前大学教育学部(増田、天海)
    • tcenter@hirosaki-u.ac.jp
      または0172-39-3441/0172-39-3452(FAX)

 

 

 

 

2021年度後期教育相談再開について

平素より御支援いただきありがとうございます。
新型コロナウィルス感染症拡大にともなう青森県の緊急対策パッケージが9月30日終了となることもふまえ、後期教育相談も10/7木曜より再開いたします。引き続き御支援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

関係各位

2021年3月11日

 

弘前大学教育学部附属特別支援教育センター教育相談(通称:木曜教室)

2021年度前期セッションのご案内について

 

平素より、弘前大学教育学部附属特別支援教育センター教育相談(通称:木曜教室)へのご協力ありがとうございます。

このたび、下記のように、2021年度前期(4~7月)のセッションを実施いたしますので、ご案内及びお誘い申し上げます

よろしくお願いいたします。

 

1.日時

    • 原則として毎週木曜日、16:10-17:00
    • 全14回 (①4/22、 ②5/6、 ③5/13、 ④5/20、 ⑤5/27、 ⑥6/3、 ⑦6/10、 ⑧6/17、 ⑨6/24、 ⑩7/1、 ⑪7/8、 ⑫7/15、 ⑬7/29、 ⑭8/5)
    • ただし、感染症拡大状況や使用施設(弘前大学)での感染者対策によっては、予定が変更することもあります。

2.場所:弘前大学教育学部(弘前市文京町1)

3.対象:特別な教育的支援を要すると疑われる幼児、小学生、中学生

4.内容

    • 第1回目に保護者との面談と参加児の活動観察を行い、参加児それぞれの学年や発達課題に合わせて、オーダーメイドで援助計画を作成して、個別的または小集団活動を継続的に行います。
    • 第14回目にそれまでの支援とその成果について、報告書を作成します。
    • 支援は、感染症対策をふまえ、年齢や発達特性などを考慮して設定された2-3名程度の小集団単位で実施します。

5.費用:無料なお、活動上必要となる教材等について、事前に相談の上実費をご負担いただくことがあります。

6.定員:12名。申込みいただきましたら、1週間以内に受け入れについての返答をいたします。

7.その他

    • 本教育相談については、大学での学生教育・研究も目的にしております旨ご理解ください。なおプライバシーについて、相談において知り得た情報は、本人・保護者の承諾なく他の目的で使用したり公開されることはありません。安心してご利用ください。
    • 活動中は、マスクの着用や手指消毒等の感染症対策について、ご協力下さい。

8.参加の手続き

    • 電話、FAXまたはE-mailでお願いします(継続の方は2020年度後期セッションの担当のLINEでも結構です)。不在時は留守番電話の確認ができ次第、折り返し連絡いたします。
    • その際、【ア.お子さんのお名前と年齢】 【イ.参加児の援助したい主たる課題(おおまかで結構です)】 【ウ.駐車スペースの要/不要】 【エ.参加児についてその他伝えておきたいこと】の4点をお知らせ下さい。

9.連絡先

    • 担当者:弘前大学教育学部(増田、天海)
    • tcenter@hirosaki-u.ac.jp
      または0172-39-3441/0172-39-3452(FAX)

 

 

 

 

各位

令和2年8月20日

 弘前大学教育学部附属特別支援教育センター長

 増田 貴人

 

弘前大学教育学部附属特別支援教育センター

教育相談事業(通称木曜教室)の再開について

 

平素より弘前大学教育学部附属特別支援教育センター教育相談(通称:木曜教室)へのご協力ありがとうございます。

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)感染拡大に伴い、 当センター教育相談事業も前期セッション(4~7月実施)を休止することとしておりました。その後、大学施設の方針等もうけて内部で検討を重ねた結果、9月より、当面のあいだ、下記のとおり規模を縮小して再開させていただくことといたしました。

 

  • 【開始】後期のセッションは、一部の前年度参加者を中心に9月より試行的に個別相談を順次再開していくこととし、その後原則として10月8日(木)より2月4日(木)まで毎週木曜に実施します。活動時間も短縮して、16:15~17:00の45分を基本とします。
  • 【中断】ただし、弘前市やその周辺地域の感染者発生状況、弘前市内の小中学校の休校措置の状況、弘前大学の方針によっては、予定する期間の途中で休止・中断することもありますこと、ご了承下さい。
  • 【活動】いわゆる「3密(換気の悪い密閉空間/近距離での会話/多人数が密集)」を避けるために、参加児全員での全体活動(集団)は行いません。基本的に、個別または極力少人数グループでの活動として実施しますこと、ご了承下さい。
  • 【準備】活動実施時は、マスクの着用にご協力下さい(担当者も着用いたします)。また、手洗いや手指消毒などを行ってから活動に入ることとします。活動中随時換気することや、使用する物品の事前消毒等の対応にも、ご理解下さいますようお願いいたします。あわせて多人数との接触や、大声を出したり過度に興奮を誘発したりするような激しい活動は控えるよう計画・準備します。
  • 【検温】相談・支援参加の際は、参加前に検温をお願いいたします(担当者も行います)。もし高熱や風邪症状を含む体調不良が確認されるとき、あわせて、緊急事態宣言が発令された感染経路不明の患者が多数発生している地域へ移動された場合は、ご一報の上、お子さんの参加はお控え下さいますようお願いいたします。

再開にあたり、活動実施にかかる何らかのご希望がございましたら、遠慮なくご一報いただけますようお願いいたします。

連絡先:弘前大学教育学部(増田、天海)

tcenter@hirosaki-u.ac.jp

または0172-39-3441/0172-39-3452(FAX)

 

 

 

各位

令和2年5月1日

 

 弘前大学教育学部附属特別支援教育センター長

 増田 貴人

 

弘前大学教育学部附属特別支援教育センター教育相談

(通称:木曜教室)の前期セッション(4~7月実施)休止について

 

平素より弘前大学教育学部附属特別支援教育センター教育相談(通称:木曜教室)へのご協力ありがとうございます。

ご承知のとおり、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)感染拡大が、たいへん緊迫した問題になっています。弘前大学においても、政府から出された4月16日の緊急事態宣言地域が全国に拡大したことをうけて、授業開始再延期や令和2年度前期の授業を全て遠隔で行うなど、学生や教員にも参集する機会を控えることが強く求められています。

当初は、当センター教育相談事業も継続を模索し、縮小して実施する方向で検討していたところでしたが、これらの大学の方針をうけて再検討し、前期セッション(4~7月実施)を休止することといたしました。既に参加のご連絡をいただいておりました皆様におかれましては、お騒がせいたしましたことをお詫びするとともに、休止についてご理解いただければと思います。

後期セッション(10~翌2月)については、9月をめどに、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の感染状況を判断しながら、実施できる状況であれば改めてご案内させていただきたいと考えております。

 

連絡先:弘前大学教育学部(増田、天海)

tcenter@hirosaki-u.ac.jp

または0172-39-3441/0172-39-3452(FAX)

 

 

 

各位

令和2年4月15日

 

 弘前大学教育学部附属特別支援教育センター長

 増田 貴人

 

平素より弘前大学教育学部附属特別支援教育センター教育相談(通称:木曜教室)へのご協力ありがとうございます。

このたびの新型コロナウィルス感染症(COVID-19)感染拡大が、たいへん緊迫した問題になっています。そこでこれをふまえ、教育相談については、当面のあいだ、下記のとおり規模を縮小して実施させていただくことといたしました。あわせてたいへん連絡が遅くなりましたことお詫び申し上げます。

 

  • 【開始】当初、4月23日(木)を初日として実施する旨予告していたところでしたが、弘前大学の方針に従いまして、予定を変更いたします。前期のセッションは、原則として5月14日(木)より8月6日(木)まで毎週木曜に実施する予定です。活動時間も短縮して、16:20~17:00の40分を基本とします。
  • 【中断】ただし、弘前市やその周辺地域の感染者発生状況、弘前市内の小中学校の休校措置の状況、弘前大学の方針によっては、予定する期間の途中で休止・中断することもありますこと、ご了承下さい。
  • 【活動】いわゆる「3密(換気の悪い密閉空間/近距離での会話/多人数が密集)」を避けるために、参加児全員での全体活動(集団)は行いません。基本的に、個別または極力少人数グループでの活動として実施しますこと、ご了承下さい。
  • 【準備】活動実施時は、マスクの着用にご協力下さい(担当者も着用いたします)。また、手洗いや手指消毒などを行ってから活動に入ることとします。活動中随時換気することや、使用する物品の事前消毒等の対応にも、ご理解下さいますようお願いいたします。あわせて多人数との接触や、大声を出したり過度に興奮を誘発したりするような激しい活動は控えるよう計画・準備します。
  • 【検温】相談・支援参加の際は、参加前に検温をお願いいたします(担当者も行います)。もし37度以上の発熱や発熱がなくとも風邪症状を含む体調不良が確認されるとき、あわせて、緊急事態宣言が発令された感染経路不明の患者が多数発生している地域へ移動された場合は、ご一報の上、お子さんの参加はお控え下さいますようお願いいたします。

現在の状況をうけて、教育相談への参加を見合わせる場合、あるいは活動実施にかかる何らかのご希望がございましたら、遠慮なくご一報いただけますようお願いいたします。

 

連絡先:弘前大学教育学部(増田、天海)

tcenter@hirosaki-u.ac.jp

または0172-39-3441/0172-39-3452(FAX)

 

 

 

お知らせ

○新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止にかかる大学の方針を鑑み、2020年度前期の“木曜教室”は、下記の日程で行う予定です。

 

  5月14日(木)、21日(木)、28日(木)
  6月 4日(木)、11日(木)、18日(木)、25日(木)
  7月 2日(木)、 9日(木)、16日(木)
  8月 6日(木)

 

○2020年度前期の募集は締め切りました。

○2020年度後期(10月~2021年2月)の募集は、8~9月に行います。