【重要:リマインド】弘前大学 学生教材費支援金の給付について

投稿者: | 2020年9月15日

弘前大学 学生教材費支援金の給付について

 

学生の皆さんには,7月20日に「学生教材費支援金」について案内しているところですが,9月15日現在,全学生に対し50%程度の受領状況です。後期授業開始後になりますと混雑が予想されるため,なるべく早めの受け取りに協力願います。詳細については以下を確認願います。

 

弘前大学では,新型コロナウイルス感染の拡大を受けて,令和2年度前期の面接授業を中止し,5月11日よりメディア授業を実施しており,学内プリンタによる印刷や授業で予定していた紙媒体での資料配布を行っていません。

 

このような状況を鑑み,弘前大学新型コロナウイルス感染症対策本部では,下記のとおり学生教材費支援事業を実施することとしました。

本事業は,大学予算に加え,これまでも本学に対して多大なご支援をいただいている岩谷様からのご寄附1,000万円により給付するものです。

教科書の購入費,資料印刷代及び面接授業の再開に伴う大学内での活動等に利用ください。

 

支 給 日 : 令和2年7月27日(月)~令和2年10月30日(金)

対 象 者 : 学部学生及び大学院生(全6,824人)

支援金額 : 1人当たり6,500円(内訳:大学予算5,000円及び寄附金1,500円)

支給方法 : 弘前大学生活協同組合員証(Picoカード)へのチャージ

 

学部毎に手続き場所・日時を指定しますので,以下URLより確認してください。

URL:http://home.hirosaki-u.ac.jp/on-line/wp-content/uploads/sites/47/R2.7.29shienkin_haifu.pdf

 

②手続き時には,必ず学生証及びPicoカードを提示してください。弘前大学生活協同組合員でない場合は,仮カード(預り金1,000円必要,返却時に返還)を発行します。

 

③手続き時には,感染予防対策として必ずマスクをしてください。

 

④体調に異変を感じる場合や感染経路不明の患者が多数発生している地域(医学部医学科で指定している北海道,東京都,埼玉県,千葉県,神奈川県,愛知県,大阪府,京都府,兵庫県,奈良県,福岡県,沖縄県)から弘前に戻り14日経過していない学生は,別の指定日に手続きしてください。

 

問い合わせ先:学務部教務課教養教育担当
h-gakumu@hirosaki-u.ac.jp